FUJIFILM FUJIFILM MESICAL TOPへ
ピンクリボン運動 TOP
ピンクリボンとは? 乳がん検診へ行こう! ピンクリボン運動支援活動 関連先リンク紹介
ピンクリボンとは?
ピンクリボン・プロジェクトは、アメリカで『乳がん』を早期発見し、死亡率を減らそうという願いから始まった運動です。
このプロジェクトは1991年、乳がん研究財団(the Breast Cancer Research Foundation)の創設者であり代表者であるイヴリン・H・ローダー女史と、「セルフ・マガジン」の当時の編集長であるアレグザンドラ・ペニー女史が考案したものです。
これには、アメリカでの『乳がん』罹患率は8人に1人と非常に高く、当時は死亡率も高かったという背景があります。
このピンクリボンには、女性が『乳がん』を日々意識することの象徴となるようにという願いが込められています。
またさらに『乳がん』になってしまった女性たちがこの病気を乗り越え生き延び、そして克服できるようサポートする姉妹愛を表しているものです。
アメリカでのピンクリボンプロジェクトでは
次のような乳がんに関するさまざまな情報提供をしています。
乳がんに関する包括的な情報
新たに乳がんと診断された人たちに対して、乳がに関する診断法及び治療法
乳がんを抱えて生きる人たちには、最新の研究に関する詳細なニュース
生還者(サヴァイバー)には、同じ境遇の仲間たちからの支援と激励
患者の家族や友人のために、患者とともに生きていくために役立つヒントなど
 
同様の主旨で、ほかにもいくつかの『リボン・プロジェクト』があります。
患者や被害者などの支援活動を行なっています。
レッドリボン AIDS・HIV関連
オレンジリボン 子ども買春・子どもポルノ根絶
グリーンリボン エコ・自然・環境
星条旗リボン 2001年9月の同時多発テロ
「ピンクリボン」は乳がんの早期発見・早期治療を促進する運動のシンボルです。
日本でも今や女性の20人に1人が乳がんにかかると言われています。
早期に発見すれば高い確率で治癒するがんであるにも関わらず、
乳がんへの関心も検診率も低く、年々死亡数は増えています。
乳がんを日々の生活の中で意識してもらいたいと、日本でも2003年から
乳がんの早期発見を啓発するための活動「ピンクリボン・フェスティバル」がスタートしました。
イベント開催や、街のデコレーション、ライトアップなどを通して、
ピンクリボンのメッセージを発信しています。
| ピンクリボン運動 TOP | ピンクリボンとは? | 乳がん検診へ行こう! | ピンクリボン運動支援活動 |関連先リンク紹介 | 
ピンクリボンは、乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の
重要性を訴えるシンボルマークです。
富士フイルムメディカル