ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

Web-ITEM2020

 富士フイルムグループ(富士フイルム株式会社、富士フイルムメディカル株式会社、富士フイルム富山化学株式会社)では、AI技術と富士フイルムの強みである画像処理技術を組み合わせ、価値ある製品やサービスを提供し、医療現場の課題解決に貢献したいと考えております。
 Web-ITEM2020では、富士フイルムが目指している次代の医療を担うシステムとソリューションをご覧ください。
 AI技術と画像処理技術を融合させ、さらに進化した製品・ソリューションによる、画像診断サポートや快適で効率的な検査ワークフローをご提案します。さらに新製品であるコンパクトさと高画質を実現したワイヤレス超音波画像診断装置「iViz air」をご紹介。また、富士フイルム富山化学では、eZIS®をはじめとする複数のRI画像解析ソフトウェアをご紹介します。

「Web-ITEM2020」は終了いたしました。
ご視聴いただきました皆さま、大変ありがとうございました。

出展製品

【 PICKUP-1 】 REiLIとSYNAPSE SAI viewerのご紹介

富士フイルムが開発を進めるAI技術ブランド“REiLI(レイリ)”と放射線科向けにAI技術を効果的に活用できるプラットフォームである、新しい読影ビューワ「SYNAPSE SAI viewer」についてご紹介します。 今回新たにAI技術を活用して開発した「肺結節検出機能」が薬機法における医療機器の承認を取得しました。

【 PICKUP-2 】 CALNEO AQROの「手術用ガーゼ認識機能」のご紹介

超軽量移動型デジタルX線撮影装置「FUJIFILM DR CALNEO AQRO」の新機能「手術用ガーゼの認識機能」はX線画像に映った外科手術に使用する手術用ガーゼを認識してマーキングし、患者体内のガーゼ遺残有無の確認をサポートします。

医療IT

読影ソリューション

AI技術を活用して開発した新しいプラットフォーム「SYNAPSE SAI viewer」。さらに快適に使いやすく画像診断をサポートする機能が進化しました。

3D画像診断ソリューション

新バージョンV6.0ではさまざまな診療科で利用するAI技術を活用して開発した解析アプリケーションを多数実装しています。

被ばく線量管理システム

放射線照射情報と患者・検査情報をマッチングして患者被ばく線量の管理を可能にします。

その他展示製品ラインアップ

X線 Modality

一般撮影

診断能向上に貢献する豊富な機能、高画質・低線量を追求したFUJIFILMの画像処理。さらに快適な撮影フローを次世代の一般撮影システムで実現しました。

X線動画撮影

高画質・高機能を実現するフラットディテクター搭載の3D対応モバイルCアーム。

マンモグラフィ

画像解析技術を搭載したi-AECの併用で乳房ごとの線量最適化し、低線量高画質を実現しました。また、オプションである「Comfort Comp機能“なごむね”」は、乳房の圧迫時の痛み軽減を目的とし、乳房の状態や画質・線量に影響しない範囲で圧迫力を自動で減圧します。

放射線部門管理支援サービス

蓄積した写損情報を、撮影現場へフィードバック!ポジショニング・ガイダンス機能を実装し、技量や患者依存の写損を低減します。

超音波画像診断装置

「iViz air」はスマートフォン型の本体と、ワイヤレスのプローブで構成され携帯性に優れた超音波画像診断装置です。在宅医療の現場で需要の高い高齢者の排泄ケアに向けた機能を搭載し、在宅医療に貢献します。

※AI技術を活用した膀胱尿量自動計測機能搭載

抗菌製品

「Hydro Ag アルコールスプレー・クロス」は対象物をアルコール除菌されるとともに、表面に銀系抗菌剤を含む超親水コーティング層が形成し、持続的に微生物の繁殖を抑えることができる持続除菌環境清拭材です。

RI画像解析ソフトウェア

eZIS®は、脳血流SPECT用の画像統計解析ソフトウェアです。被検者と健常者の差をZスコアでMRI上に表示し、脳血流SPECTの読影を支援する情報を提供します。

smartMIBG®は心交感神経機能解析プログラムです。MIBG心シンチグラフィ検査で得られるプラナー画像に対して縦隔ROIを半自動的に設定することで、安定した数値指標の取得にお役立ていただけます。

cardioREPO®は心筋血流SPECTデータから左室の血流と機能の解析を行うプログラムです。人工ニューラルネットワーク解析を用いた血流の正常/異常判定により読影をサポートする情報を提供します。

BONENAVI®により、今まで表現することが難しかった骨シンチにおける骨転移の拡がりをBSI により数値化することができます。これにより経時的変化の客観的な評価や治療効果判定に利用することが可能です。

3DSRT®は脳血流SPECT画像に対して解剖学的標準化とROIテンプレートを自動設定し、ROIごとの平均カウントと血流量を算出します。局所脳血流量を再現性高くかつ客観的に評価することを可能にします。

お問い合わせ先

富士フイルムメディカル株式会社
マーケティング部

TEL : 03-6419-8033 (平日9:00~17:30)


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る