ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


「第27回日本消化器関連学会週間(JDDW 2019 KOBE)」出展、シンポジウム開催のご案内

 

富士フイルムメディカル株式会社は、2019年11月21日(木)~23日(日)に神戸国際展示場等(兵庫県)で開催される「第27回日本消化器関連学会週間(JDDW 2019 KOBE)」に出展、セミナーを開催いたします。
皆さまのご来場をお待ち申し上げます。

開催概要

大会名

「第27回日本消化器関連学会週間(JDDW 2019 KOBE)」

開催期間 2019年11月21日(木)~23日(日)
時間 <展示時間>
11月21日(木) 9:00~17:00
11月22日(金) 9:00~17:00
11月23日(土) 9:00~17:00
会場 <展示会場>
神戸国際展示場 3号館
〒650-0046 兵庫県神戸市中央区港島中町6丁目11-1 <シンポジウム会場>
神戸国際展示場 2号館、
ポートピアホテル
〒650-0046 兵庫県神戸市中央区港島中町6丁目10-1
案内状 出展のご案内状をダウンロードできます。

シンポジウムのご案内

サテライトシンポジウム73

膵がんスクリーニングの可能性と展望
直視型ラジアル式超音波内視鏡の新たな役割
not only pancreas but also upper GI

日時 : 11月21日(木) 17:30~19:30
会場 : 第6会場(ポートピアホテル 大輪田B)

<司会>
入澤 篤志 先生(獨協医科大学 消化器内科)

<基調講演>
花田 敬士 先生(尾道総合病院 消化器内科)

<演者>
「開業医でもできる! 膵がんスクリーニングのコツ」
松本 和也 先生(入澤クリニック)
「ゲノム医療時代における直視型ラジアルEUSの役割」
蘆田 玲子 先生(大阪国際がんセンター 消化器検診科)

サテライトシンポジウムのご案内状をダウンロードできます。

サテライトシンポジウム80

人工知能(AI)と内視鏡診断の可能性

日時 : 11月22日(金) 17:30~19:30
会場 : 第2会場(神戸国際展示場 2号館 ホール南)

<司会>
高山 哲治 先生(徳島大学大学院 医歯薬学研究部 消化器内科学分野)
中本 安成 先生(福井大学 医学部 内科学(2))

<基調講演>
中本 安成 先生(福井大学 医学部 内科学(2))

<演者>
「次世代手術の展望と期待 ~富士フイルムAI“REiLI”の登場~」
高本 健史 先生(国立がん研究センター中央病院 肝胆膵外科)
「AI時代における病理診断」
八尾 隆史 先生(順天堂大学 医学部・大学院医学研究科 人体病理機能学講座)
「大腸内視鏡診療の現場で期待されるAIとは」
斎藤 豊 先生(国立がん研究センター中央病院 内視鏡科)

サテライトシンポジウムのご案内状をダウンロードできます。

サテライトシンポジウム94

IEE(Image-Enhanced Endoscopy)の最前線
~LCI/BLIを使いこなす~

日時 : 11月23日(土) 17:30~19:30
会場 : 第4会場(ポートピアホテル ポートピアホール)

<司会>
内藤 裕二 先生(京都府立医科大学大学院 医学研究科 消化器内科学)
藤城 光弘 先生(名古屋大学大学院医学研究科 医学部医学科 消化器内科学)

<演者>
「ここまで来た! 大腸腫瘍診断の最前線 ~LCI/BLIの有用性を中心に~」
日暮 琢磨 先生(横浜市立大学 消化器内科(肝胆膵消化器病学))
H.pylori陰性時代にLCIをいつ使う、どう使う ~なぜ、LCIは拾い上げに有用か~」
小野 尚子 先生(北海道大学病院 消化器内科)
「内視鏡による潰瘍性大腸炎の粘膜治療評価の現状と未来 ~LCI画像評価の意義~」
髙木 智久 先生(京都府立医科大学大学院 医学研究科 消化器内科学)

<特別講演>
山本 博徳 先生(自治医科大学 内科学講座 消化器内科学分野)

サテライトシンポジウムのご案内状をダウンロードできます。

交通アクセス

  • 電車
    ポートライナー「神戸空港」駅より「市民広場」駅下車(約8分)、徒歩すぐ
    ポートライナー「三宮」駅より「市民広場」駅下車(約10分)、徒歩すぐ

※ 詳しい交通アクセスについては、こちらをご参照ください。

お問い合わせ先

富士フイルムメディカル株式会社
マーケティング部

TEL : 03-6419-8033 (平日9:00~17:30)

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る