ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


「第21回小腸内視鏡研究会」開催のご案内【終了】

 

富士フイルムメディカル株式会社は、2017年3月18日(土)に東京ドームホテル(東京都)で「第21回小腸内視鏡研究会」を開催いたします。
皆さまのご来場をお待ち申し上げます。

「第21回小腸内視鏡研究会」は終了いたしました。
ご来場いただきました皆さま、大変ありがとうございました。

開催概要

大会名

「第21回小腸内視鏡研究会」

開催日時 2017年3月18日(土) 13:00~16:00
※ 研究会終了後、意見交換会を予定しております。
会場 東京ドームホテル シンシア(B1F)
〒112-8562 東京都文京区後楽1-3-61
世話人 代表世話人 : 山本 博徳 先生(自治医科大学 消化器内科)
当番世話人 : 松本 主之 先生(岩手医科大学 消化器内科消化管分野)
参加費 当日は参加費として、2,000円を徴収させていただきます。

参加申し込み方法

下記「ご案内状」をダウンロードし、2ページ目にある「参加申込書」に必要事項を記載の上、FAXしてください。
(FAX番号は「ご案内状」2ページ目に記載してあります。ダウンロードしてご確認ください)

プログラム

症例検討

司会 : 松井 敏幸 先生(福岡大学筑紫病院 消化器内科)
司会 : 田中 信治 先生(広島大学大学院 医歯薬保健学研究科 内視鏡医学)

1. 「メッケル憩室と空腸GISTを合併した一例」

友兼 正太郎 先生(仙台厚生病院 消化器内科)

2. 「全消化管を内視鏡で観察しえた Bannayan-Riley-Ruvalcaba 症候群の1例」

朝倉 謙輔 先生(岩手医科大学 消化器内科消化管分野)

3. 「サイトメガロウイルス空腸炎の1例」

山内 健司 先生(岡山大学病院 消化器内科)

4. 「イレウスで発症した腹腔内索状物による空腸潰瘍の1例」

井川 敦 先生(広島大学病院 内視鏡診療科)

5. 「術前診断が困難であった虚血性小腸炎の1例」

鎌野 俊彰 先生(藤田保健衛生大学 消化管内科)

コメンテーター : 八尾 恒良 先生(佐田病院)
病理コメンテーター : 八尾 隆史 先生(順天堂大学大学院医学研究科 人体病理病態学)

ワークショップ
「小腸内視鏡診療の最前線」

司会 : 飯田 三雄 先生(九州中央病院)
司会 : 松本 主之 先生(岩手医科大学 消化器内科消化管分野)

1. 「細径ダブルバルーン内視鏡を用いた被験者及び術者の負担軽減に関する多施設共同前向き研究─中間報告─」

中村 正直 先生(名古屋大学大学院 医学系研究科 消化器内科学)

2. 「小腸内視鏡を容易にする手技の工夫」

矢野 智則 先生(自治医科大学 消化器内科)

3. 「小腸疾患に対するプローブ型共焦点レーザー内視鏡の有用性」

大宮 直木 先生(藤田保健衛生大学 消化管内科)

総括 : 坂本 長逸 先生(日本医科大学/医療法人社団行徳会)

Invited Lecture

Chairperson : Dr. Hironori Yamamoto(Jichi Medical School)
Presenter : Dr. Jeong-sik Byeon(Professor, Department of Gastroenterology
Presenter : Asan Medical Center, University of Ulsan College of Medicine Seoul, Korea)
Remarks : Dr. Kentaro Sugano(Jichi Medical School)

※ プログラムの内容は予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 研究会終了後、意見交換会を予定しております。

交通アクセス

  • 電車
    JR中央線・総武線「水道橋」駅東口下車、徒歩2分
    地下鉄 三田線「水道橋」駅下車、A2出口より徒歩1分
    地下鉄 大江戸線「春日」駅下車、6番出口より徒歩6分
    地下鉄 丸ノ内線・南北線「後楽園」駅下車、2番出口より徒歩5分

※ 詳しい交通アクセスについては、こちらをご参照ください。

お問い合わせ先

富士フイルムメディカル株式会社
担当 : 高木(事務局代行)

TEL : 03-6419-8045

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る