ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


沿革・歴史

 

富士フイルムメディカル株式会社

1965年 富士機器販売株式会社設立。
富士フイルムが製造・輸入する医療用X線フィルム自動現像機の販売とサービスを開始。
1967年 富士エックスレイ株式会社に社名変更。
富士フイルムより医療用X線フィルム・薬品の販売業務を移管。
1968年 資本金を7,500万円に増資。
1975年 オルソシステム(オルソフィルム・希土類スクリーン)を発売。
従来に比べて被曝X線量を大幅に低減。
1980年 CT、超音波診断装置の画像情報を記録する各種タイプの、マルチイメージングカメラ・イメージングフィルムを発売。
1981年 世界で初めてX線画像のデジタル化に成功。
1982年 富士メディカルシステム株式会社に社名変更。
1983年 富士コンピューテッドラジオグラフィ「FCR」を発売。
デジタルX線画像を世界で初めて製品化。
1984年 富士ドライケムシステム「FDC」を発売。
高精度な生化学分析が迅速・簡単かつ完全ドライで可能に。
1986年 サーマルイメージングシステム「FTI」を発売。
1988年 レーザーイメージャを発売。
1991年 富士メディカルフイルムプロセサー「CEPROS M」を発売。
従来品と比べ、処理液の補充量・廃液量が半減。
1993年 ADシステム(ニューオルソフィルム/スクリーン)を発売。
1996年 ドライプリントシステム「CR-DPT」を発売。
廃液を出さずに高画質プリントを実現。
消費電力を抑え、快適な作業環境を実現した、人と環境にやさしいシステム。
1998年 医用画像/情報ネットワーク「AD network」を発表。
デジタル医用画像/情報のネットワーク化にいち早く着手。
1999年 富士フイルムメディカル西日本株式会社発足。
関西、中国地区の営業を開始。

医用画像情報システム「SYNAPSE」発売。
すぐれたネットワーク技術と画像処理表示技術により、国内トップシェアのPACSとなる。

2000年 資本金3億円に増資。
富士フイルムメディカル株式会社に社名変更。
2004年 千代田メディカル株式会社を吸収合併。
資本金12億円、売上高1,000億円、人員1,000名の新会社誕生。
2005年 ネットワーク医用サービス「C@Rna」発売。
病院と診療所がネットワークを通じて連携する時代の先駆けに。
2006年 コンパクトFCRシステム「FCR CAPSULA SYSTEM」発売。
ネットワーク連携にも対応し、診療所のIT化を強力にサポート。
「FCR PROFECT CS」がデジタルマンモグラフィとして米国食品医薬品局(FDA)審査による世界初のPMA認可取得。
2007年 富士フイルムメディカル西日本株式会社を吸収合併。
人員1,200名の会社誕生。
2008年 クリニック向けITソリューション「C@RNA」発売。
電子カルテとも連携し、院内の各種モダリティ情報統合を推進。病院向けITソリューション「SYNAPSE」とともに、地域の医療施設同士がネットワークでつながる病診連携など、より高度な医療システムを実現。
2009年 フジノン東芝ESシステム株式会社を統合し内視鏡事業に本格参入。
ヤギー株式会社を設立。診療支援プラットフォーム事業を充実。
クリニック向けデジタル画像診断システム「FCR PRIMA」「C@RNACORE Station」発売。
2010年 フルデジタル電子内視鏡システム「Advancia HD」を発売。大学病院や地域中核病院などの高度な診断・治療ニーズに対応。
独自の読み取り方法を採用したカセッテサイズデジタルX線画像診断装置「FUJIFILM DR CALNEO C」を発売。少ないX線量でシャープかつ高画質なX線画像を提供。
2011年 東日本大震災による被災地での復旧支援活動を迅速に実施。
インフルエンザ発症初期の検査感度を向上させたデンシトメトリー分析装置「IMMUNO AG1」を発売。
2012年 2009年に設立したヤギー株式会社の社名を富士フイルムメディカルITソリューションズに変更、診療支援システム開発事業と生体情報システム事業を連携させ病院内の主な生体・検査情報などの診療情報を集約、管理、診療支援ソリューションの開発を新たにスタート。
粘膜表層の微細血管などを強調した画像観察を可能とし、がんなどの病変部の視認性を向上させたレーザー光搭載内視鏡システム「LASEREO(レザリオ)」を発売。
2013年 複数の断層像で乳房内部の構造が観察可能なデジタル式乳房用X線撮影装置「AMULET Innovality」を発売。低線量で高画質な画像の撮影を実現。
2014年 ドライケム発売から30周年を迎え、インフルエンザウイルスの早期発見を可能とする「IMMUNO AG1」が大きく販売に寄与。
2015年 1月12日、創立50周年を迎え、記念式典開催。超音波画像診断装置販売強化のため、株式会社富士フイルムソノサイト・ジャパンの株式譲渡を受け、完全子会社化。
2016年 7月1日、株式会社富士フイルムソノサイト・ジャパンを吸収合併。

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る